ビズネス

【SNS】第一印象はプロフィールで決まる!

皆さんはなんとなくプロフィールを書いていたり、書き方が分からなくなった事はありませんか?
プロフィールは一番最初に目が入るのと何をしている人なのかが一目で分かるのでプロフィールは大切です。
SNSの他にホームページやポートフォリオにもプロフィールは必須です。
ここではお勧めの書き方をご紹介していきます!

そもそもプロフィールは必要?

プロフィールは必要なの?と思う方もいると思います。
しかしプロフィールは知らない方から見ると第一印象になるんです。

皆さんも初めてあった方や初対面の方が普段どんな事をしているのかプロフィールを確認しますよね。
意識していなく自然とやっているんです。

第一印象を良く持ってもらい自分がどんな人間なのか知ってもらう一つの道具(アイテム)と考えています。

プロフィールのポイント

思わず目が止まるキャッチコピー

ただただ、文章を書いても見てくれません。
自分の経験や体験から思わず目に止めてしまうようなキャチコピーを考えましょう!

画像や動画で目を引かせる

文章だけだと流し読みされがち・・・キャッチコピーがあっても分かりやすくないとスルーしてしまいます。

画像や動画があるだけで全然違います。自分の得意な事を表現できてアピールもできるのでとても良いと思います。

SNSプロフィールの書き方

ポートフォリオやブログのプロフィールもありますが今回はSNS(Twitter)の
プロフィールの書き方を紹介します。
Twitterの自己紹介欄は文字数が決まっており全部を伝えるのは難しいです。
一番発信したい事を書きましょう。

3つを軸にプロフィールを書こう

1・自分が何者なのか?
2・誰に向けて発信しているのか?
3・アカウントで何を発信しているのか?

実際に私のプロフィールを見てみましょう。

3つのテーマを1つずつ説明します!

1・自分が何者なのか?

最初に自分は何者なのか?何をしている人なのか?を一文で分かりやすく書きましょう。
肩書き・好きなもの・得意なもの・趣味なども書くといいでしょう。

私の場合はプロフィールに書かず名前の後にイラストレーターを明記しておりそれだけでもどんな人なのかが分かります。

2・誰に向けて発信しているのか?

誰に向けて発信しているのか、色んな方に発信するのもいいですが
ターゲットを絞って発信した方がどういう人なのかをすぐに意識してもらい安いです。
・どんな人に見て欲しいのか?
・どんな人に発信したいのか? を考えて書きましょう。

私の場合は駆け出しの方へ向けて発信しています

3・アカウントで何を発信しているのか?

誰に向けて発信しているのかが分かった次はアカウントで何を発信しているかが重要です。
私の場合は実際に体験した事や感じた事を記事にして発信しています。
(クリエイター交流会やセミナー等)

最後に

良いプロフィールを作るためには

最後にもう一度自身のプロフィール内容を確認しましょう。
・プロフィールを読んでどういう人物なのかが分かる
・リンクやURLが貼ってある
・そして何を発信したいのかを明確にする

固定ツイートも活用すべき

固定ツイートは一番上に出てきます。
そこでもっと詳しいプロフィール情報を書くのもいいですし、一番見てほしい
情報を発信(ツイート)するのが効果的です。