YouTube

【今話題沸騰】YouTube用漫画の依頼って実際どうなの?【気になってる方は✔︎すべし】

YouTube用の漫画って聞いた事ありませんか?

ここ最近広告でも漫画が流れてきますよね。

やりたいと思っている方もいるはず・・・そんな方に注意点やオススメ点を記事にしました!

こんな方にオススメ
・YouTube漫画をやってみたい方
・YouTube漫画に興味がある方
・どんな仕事なのか気になる方

他オススメ記事

YouTube漫画案件獲得方法について詳しく説明しています。

YouTube漫画って何?

そもそもYouTube漫画って何?となる方もいるはず


昔は漫画は本を購入して読むイメージが多いですよね。

時代とともに電子書籍や無料の公式漫画サイトが増えていく中、YouTube漫画が今熱いです


何故YouTube漫画が人気なのかというと・・・

1・ズバリ無料で観れるから


無料・・いい響きですよね、これが一番大きいと思います。

2・気軽に観れるから


例えば電車の中や空き時間にちょっと観たい時短時間で読める所も人気の一つです

YouTube漫画クリエイターって儲かるの?

もし依頼が来たとして報酬が気になりますよね。

昔は単価が低かった

2年前(2017年あたり)にYouTubeの漫画の依頼を実際に受けた事があります。


結論から言うと・・・儲かりません!


ガッカリさせてしまいごめんなさい・・・YouTube漫画やYouTubeは流行る前は、1枚の単価が凄く安かったんです


しかし!

最近になってYouTube漫画の需要が高くなったので単価が高くなってきました!

その分クオリティを求められるようになってきてしました。

【2021】現在はYouTube漫画が定着しています

去年2020年頃からYouTube漫画の需要が高くなり。


今現在も需要は高いです、そしてYouTube漫画が定着してきています。


今現在だと昔よりも稼げるチャンスはあります。

どこで依頼を募集しているの?

クラウドワークスやHPでも募集している

色んなところで募集しています、クラウドワークスだったりツイッターだったり


YouTube漫画制作等で検索してもヒットすると思います!

逆にホームページの問い合わせやTwitterのDMから依頼のメールが来る事もあります。

最近は企業さんがYouTube事業として募集しているのもよく見かけますね。
企業さんが募集している場合も多いので、随時調べてみよう!

【裏技】すでに人気のチャンネルに作品を送って営業する

検索するのも限度があると思います、今回1つの営業方法をご紹介します。

すでにYouTube漫画を更新しているチャンネルに作品を送って営業する事です!
全てにお返事が来るとは限りませんが、気に入っていただければお仕事を依頼される場合があります。
もしかしたら人気チャンネルにも関われるかも?


作品を送る際にはそのチャンネルの絵柄やジャンルに合わせてサンプルを制作し営業をかけるのをオススメします。

依頼を受ける際の注意点は?

募集を見かけたりメールが来た際に依頼を受ける注意点があるんです

1・安すぎる案件は受けない!

なんでもいいから受けたいとかはダメ!

クリエイターですから誰もがイラストを描ける人ではありません!


募集要項は必ず目を通しましょう!【契約内容について詳しく書かれている場合があります】

2・実績になるから!の誘い文句には要注意!

駆け出しの方や実績がない方は欲しいかもしれません、でも実際にそこまで実績かな?と疑問視しちゃいます。

私の動画で何百万回再生があるんです!は企業さんにアピールする時に参考になる場合もあるかも?

3・発注経験があるか

クライアントさんが発注経験があるか・ないかも確認しましょう。


個人様の場合が多いです。

4・募集要項を確認しよう

応募する際に条件や金額など詳しく書かれています。

契約した後に変更するのは難しい・トラブルになりやすいので、契約する前に募集要項をちゃんと確認して、分からない部分を聞いておきましょう。

5・契約書をちゃんと確認する事!

受けよう!と思っても契約事や契約書を結ぶ場合があります。

後悔しないように先にちゃんと契約書を読んで理解する事が大切です。

6・自分の容量を分かっておこう!

大体YouTube漫画は10or30〜50コマになります。

かなり多いのでどのくらいで描けるのか自分の出来る範囲はどこまでなのかは先に理解しておくべきです。

YouTube案件以外にもイラスト制作するときもどのくらいの時間で制作できるか把握する事が大切です!

【2021】現在も依頼は増えていきます

YouTube漫画は定着してきています

今現在もYouTube界隈は盛り上がっています。

色々な所で漫画家さんを募集しているので挑戦してみるのもいいかもしれません!

他オススメ記事

イラスト依頼系サイト(登録オススメ)
イラスト依頼系サイト(登録オススメ)