イラスト

イラストの単価はどう決める?イラストの相場と適正価格について見てみよう

イラストレーターとして仕事していく手前どうしてもイラストの単価ってどのくらいが良いのか分からないですよね。

駆け出しや初心者さんは尚更分からないと思います。


今回はイラストの相場と適正価格について徹底的に見ていきましょう。

イラストの料金相場

日本イラストレーター協会が公表している料金相場

日本イラストレーター協会の記事では
パンフレットなどで10cm角に納まるくらいの小カットとして使用する場合、モノクロイラストで1点あたり3,000円〜5,000円カラーで5,000円〜10,000円というところが相場です。
料金はイラストのタッチ、イラストレーターの知名度、クライアントの規模、使用媒体、使用期間、発行部数、使用サイズなど総合的に判断して決めていきます。

との事、よく聞く金額だと思います。

しかし駆け出しの頃はお仕事がまだない状態・・・企業より個人間での取引も多いと思います。

料金の相場はありますが、自分の中で料金の相場を作っていくのがオススメです。

自分の料金の相場を作ろう

イラストの描き方やジャンルによって相場が変わる

イラストといってもA4サイズだったり、SNSアイコンだったりサイズも様々です。
全部を同じ料金で描くのは難しいですよね・・・
なので自分の中で何個かの料金の相場を作るのが良いと思います。下の表は一例です。


なので自分の中で何個かの料金の相場を作るのが良いと思います。

下の表は一例です。

SNSアイコン ¥5,000〜
ヘッダーイラスト ¥8,000〜
立ち絵/全身イラスト ¥20,000〜
1枚絵【背景あり】 ¥40,000〜
1枚絵【背景なし】
 ¥35,000〜

何故イラストの料金が違うのか?

それは手間をかけているからです

SNSアイコンだとイラストのサイズも小さいですよね、しかし1枚絵だとB5サイズやA4サイズが多くなってきます。

背景ありorなしでも手間の掛かり方が違うんです。

動物や人間でも描く量も違いますよね。

最初は時給換算して相場を作るのも良い

最近だとSNSアイコンを¥1,000から描きますという方も見かけます。

1時間で描ければ良いんですがそれ以上に時間が掛かるとその分マイナスになっているんです。

最低限自分の中でこのくらいは欲しい!の基準を作っていくのがポイントです。

イラストを描いている時間も時給換算に入れた方が良いです。
例えば、メールのやり取りやお見積もりを考えている時間も含め。

自分のイラストの価値を下げないようにしよう

似顔絵を1枚¥500〜描きます!という方も居ますよね、何故¥500で出来るのか?

それは実力があり絵の描くスピードが早いからです。
絵の描くスピードが速いからこそ、安い金額でも可能なのです。


イラストが描ける事自体凄い事なんです!極たまにイラスト描いてますと言うと、描いてみてよ〜!とか無料で描いてくんない?等言われる事があります。


クリエイターなんです、仕事としてやっているんです、何故無料で描かないといけないの?
(仲のいい知り合いや友達は除いて・・・)と感じますよね。


その気持ちが正解です!イラストを描くのを仕事(副業)としている私たちはクリエイターです。

自分のイラストに自信を持って価値を下げないようにしましょう。

自分の作品の認知を広げよう

SKIMAやココナラ等のサイトを活用しよう


最初の頃は自分から行動しないとお仕事はGET出来ません。

自分の作品をSNS(Twitter)やpixivに載せたり、サイトを使って色んな方に作品を見てもらい知ってもらいましょう。

最後に

まずは相場から

料金表を作る際に最初は相場を見ながら作るのをオススメします。

単価を上げていこう!

何度かイラストのお仕事や絵を描いていくと自ずと上手くなっていきます。

さらに描くスピードもクオリティーも上がってるはず、そう感じたら一度自分の中の相場を
変えるのもいいと思います。

最初は分からない事だらけだと思います、私もそうでした。

そういう時は周りの相場を調べたり私のブログを是非参考にして下さい。

私以外にも色々なクリエイターが記事にしているのでまずは色々見てみましょう!

くまきち
くまきち
一緒に頑張ろう!

イラスト依頼系サイト(登録オススメ)
イラスト依頼系サイト(登録オススメ)